美しい鳩害

必要な申請

水道の下を見る

ハクビシンによる被害は都市部でも

ハクビシンは日本に生息するジャコウネコ科の動物です。雑食ですが糖度の高い果物などを好むため、従来は農村部などの果樹園を荒らす害獣であると考えられてきました。ですが、近年都市部での目撃例が非常に増えています。目撃された都道府県もかつては数県程度でしたが、現在では40以上で確認されており、急速に生息域を拡大しています。これらの原因はいくつか考えられますが、山林の荒廃や耕作放棄地の増加によるエサ不足が主原因であろうとされています。市街地のゴミ集積場などは格好のエサ場となりますし、住宅街は身を隠せる場所がたくさんあります。都市部でも十分生息可能なのです。自治体への苦情件数も飛躍的に増加しており、今後もこのような傾向は続くと考えられます。ハクビシン駆除はもはや他人事ではありません。

ハクビシン駆除にあたっての注意点

ハクビシン駆除は各自治体に有害鳥獣捕獲の許可を求める申請を行う必要があります。自治体によっては罠の貸出しといったハクビシン駆除のための支援サービスを提供しているところもあるので、あわせて確認しておきましょう。自分で罠を設置する場合は決して素手で罠を触ってはいけません。ハクビシンはにおいに敏感で、罠に人間のにおいが残っていれば徒に警戒させてしまいます。また逆にその習性を利用し、ハクビシンの嫌がるにおいを用いた忌避剤などを設置して追い払うという手もあります。より確実なハクビシン駆除を考えるならば、専門の業者に依頼しましょう。被害件数の増加とともに取り扱う業者も増えています。

Copyright © 2015 アライグマを駆除して生活に安心を|セーフティーららライフ. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加